こんにちは。あるいはこんばんは。

最近うまくリラックスできてないのかなー、といった体験が多々ありましたので今回はウェーブ1#ディスカバリー、フォーカス10序章に戻って復習をやってみました。他の方はウェーブ1だけを100回以上聞き続けた方もいらっしゃるそうで、とてもマネできないのですが私もその例にならいつつ。

とにかくまあ、やってみました。では、体験をば。

やっぱりこのエクササイズが一番リラックスできます。
当然と言えば当然、この「フォーカス10序章」は何せリラックス法の練習エクササイズなのですから。



で、ぼんやりはじめてみますと、それこそぼんやりと情景が浮かんできたわけです。
ほわほわ~といった感じでした。

花畑

そこは一面の花畑。
赤い服の女の人がいますね。彼女、花畑の中に座っています。
私が真面目にエクササイズをするのか見張っているのでしょうか……。
いえ、きっと違うのでしょう。おそらく遊びに出てきただけなのです。

なんとなくわかります。

まあそこで私は横になり、だらりと力を抜いて弛緩していくわけですが。

やはりガイダンスどおりにして、たっぷり時間を取ると違いますね。
まずリラックスの状態が違う。
ガイダンスの台詞にもかなり聴き覚えが出来てしまっているのですが、真面目に聞くとかなり違う。
言われるままに力をどんどん抜いてゆき、リラックスしてゆく。
肉が垂れ下がる。
融け出しそうです。
なんと気持ちの良い事でしょう。

見れば、赤い服の女の人はそんな私を見てニンマリ笑みを浮かべています。
やはり、遊びに出てきただけのようです。

時々繰り返してやる必要がありますね、このエクササイズは。基本を押さえておく上でも大切だと思います。
勝手に省略してしまっていたり、変な癖が付いている箇所を直すのにも最適です。

実に最適解だと思います。

もちろんエクササイズをやると言う事はその分、時間を取ってしまうと言う事ですが先を急いでも良い結果が出ないのであれば、急ぐだけ無駄ですからね。「急がば回れ」。ゆっくり着実に進めるためにも今回の体験を有意義なものにしたいと思っています。

どうやら私はフォーカス15あたりで詰まっているようなので、そこを確かめるためにも次をどうしましょうかね。
先に進んで本当にそうなのか確かめるのも良し、もうちょっとフォーカス15あたりをうろうろしてみるのも良し。
ウェーブ6の小冊子を読んで見ますと、フォーカス12で始まるようなので、試しに先に進んでみるの良いかもしれませんね、とりあえずわからないところは置いておいて。

とまあ、適当に計画を練る私でした。

今回はこのあたりで。
スポンサードリンク