こんにちは。あるいはこんばんは。

ええと、今日はウェーブ5、エクスプロアリング#2直感の発見をやりました。
どうなりますことか。

では、体験をば。



で、ガイダンス。

五感に囚われない知覚が可能な状態で物理的な手がかりなしにあることを直感的に正しいと思った経験を思い出してください。あなたの行動に影響を与えたような、直感や虫の知らせです。

う、うおお、うおおおお!

はい詰んだ! 詰みました。

闇


Orz……。
ぶっちゃけますと、「直感でいいこと経験した思い出なんてねぇよ(覚えてねぇよ)!」で終了してしまうわけです。が、とにかく思い出さないといけないのかもしれません。また、何か別のアプローチがあるかもしれません。なにかしらこういった経験があったはずなのです。ですが、忘れてしまっている。綺麗さっぱり忘れている。これが問題です。

バスではなくて電車にしておけばよかった! などの経験などの逆の経験ならばありますが。
人間、悪いことのほうが覚えているものです。残念ながら。そして成功体験は忘れてしまいます。非常に残念なことに。

ああ、どうしよう。
と思うわけですが、ここはあまり失望の海に沈まずに前向きに考えて行きたいと思います。

それとも、あるいは深刻すぎる考え方で、もっと軽い出来事、日常から発見できればと思いたい!
……思いたい気持ちもあります。なのでこのことはとりあえず心に留めおいて次のエクササイズに移るのがいいのかもしれないと思う私でした。

ですので今後小さなことでもアンテナを張って、このエクササイズを突破できるよう注意しておきたいと思うわけです。
また、ささいなことにも感動できる豊かな感性を持つことも重要なのかもしれません。
そうするとガイダンスの言う「直感的に正しいと思った経験」で物事や世界があふれるはずですから。

今日はその教訓を拾えただけマシだと思い、名残惜しいですがエクササイズを終了しました。

思い出せないものは仕方ない。ならば、今後出会うであろう直感による新たでささやかな幸運、その出来事を心に留めおくしかありません。そういいった経験なしにはこのエクササイズは突破できそうにありませんので。

記憶を鮮やかに思い出してください。

と続きますから、やはり体験は新鮮なほうが良いのです。
ですから、今回はパスと言う事で。
新たな体験をしたり、幸いにも虫の知らせが上手く行った想い出を思い出したときは再びこのエクササイズに挑戦したいと思います。

ではでは。
スポンサードリンク