こんんちは。あるいはこんばんは。

ウェーブ5#1上級フォーカス12。これって結構便利なエクササイズだと最近気づきました。
ガイダンス音声がほとんど無いということは、好き勝手に遊びまわったり探検したり、問答を繰り広げられるという理由です。
で、初級エクササイズで復習しました後、このエクササイズ上級フォーカス12に戻ってきました。

では、体験をば。

赤い服に黒髪の女の人、アニマに近況を尋ねに行くことにしました。
最近の私の姿勢や取り組みについての助言を求めるためです。

出て来るかどうかは分かりませんが、森の奥、湖畔の白い家に押しかけることにします。

湖畔



はじめは何だこのエクササイズは、と思っていた上級フォーカス12。こうして考えると便利なエクササイズだと気づきました。ただ、寝落ちしやすいのでご注意を。

話が脱線しました。
赤い服の女の人、私はアニマと呼んでいるのですが、彼女が迎えてくれます。

不機嫌です。

「何しに来たの?」

丁寧に来訪理由を説明しますと、迎え入れてくれました。

窓に揺れるカーテン


最近の近況を話します。
ブログを開設して日がたち、記事を書くにもさっとかけてそう手間を取らないようになったこと。そして他の事。色々やってる作業のこと。全て相談します。彼女は黙って聞いてくれた後、こう言いました。

「良いんじゃない? 無理しないようになってるし」

無理とは何かと聞きますと、

「実力以上のことをやろうと無謀な動きをすることよ」

とたしなめられました。

「体力的にも、精神的にも安定しているから今の状態がちょうど良いわね」

と、安心してよいのかどうなのか。変わらぬ経済状況、不安。そんなものは何処からでも溢れてきますが、彼女は一向に気に留めません。

「だって気にしていても、仕方が無いでしょ?」

それはそうです。なるようにしかならない、いえ、何とかするためにこうしてヘミシンクを使って意識改革をしている途中なのですから。

「長い時間がかかると思うけど、あきらめないでね」

だそうです。

納得するのかしないのか。半ば本質を突かれているような気もします。
しかし、このままじゃダメだと焦る自分がいるのも事実。

「焦っちゃダメ」

すかさず釘を刺されます。

何もかもお見通し。そんな感じでした。

話を逸らします。
ここは気持ちいいねと話を振りました。

「ここは落ち着いて過ごせる場所だから」


ということでした。
耳を澄ませば鳥の声、風の音。
寒くも無く、暑くもない室温。確かに快適です。

リラックスできる場所。それを提供してくれるヘミシンクというツール。
ヘミシンクは心の安定に役に立つツールだと改めて思います。
スポンサードリンク