こんにちは。もしくはこんばんは。

最近どうも調子が悪いようなので(ヘミシンク的に)、どのあたりが問題なのかなあと考えつつ、問題を切り分けるためにウェーブ1ディスカバリーまで戻って問題の洗い出しをしようと思いました。
んで、今回試したのはフォーカス10アドバンスド。
まあ、体験を書いていきます。




具体的には共鳴エネルギーバルーンの作り方と使用法と高速展開法のお話です。そしてフォーカス10(体は寝ているが意識は起きている状態)への瞬間的ない移行と戻り方の大きく二つからなるエクササイズです。なのですが、今回は問題の切り分けと言う事で再度挑戦してみました。



私の頭の中に浮かんでいた疑念は「リラックスが上手くいっていないのではないか、もしくは悪い想像ばかりして、悪いエネルギーを取り込んでいるのではないか」と言う事でした。

そこで、まず今回舞い戻ったエクササイズを通じて共鳴エネルギーバルーンを調べてみました。自分の作っていた共鳴エネルギーバルーンの点検です。

すると……。
再度、以前のエクササイズを聴くと自分が勝手に省略していたことや変につけてしまっていた悪い癖が見つかります。そういった点においても以前に立ち戻るという行為は意味があったのかなと思いました。

フォーカス10の心象風景ですが、今回は光満ちる森の中。非常に穏やかです。ポカポカ陽気ってやつですね。何かしら人物や存在との遭遇はありませんでした。残念。

森の中

と、言うわけで共鳴エネルギーバルーンを復習してみたわけです。
特に問題があるようには思えませんでしたが、共鳴エネルギーバルーンが「外部からの悪意をはじき返す」と信じきれていなかったことは少し心に引っかかる出来事でした。
もう少し自分自身を信用しようと思います。自分を信じきれずに、前に進めるわけがありませんからね。
もう少しだけ自分自身に自信を持つ。これを頭に叩き込んでおこうと思います。

あとそれと、当時の疑問「フォーカス10では涙が流れる」という不思議体験。今回もありました。再現性がありますね。いまだに原因は謎のままではありますけれども。どうして涙が流れるんでしょうね。フォーカス10以上になると涙は流れなくなるわけです。不思議不思議。

あえて言えば、今まで作り上げてきた共鳴エネルギーバルーンの信頼性に疑問符がついたのですが、次は「リラックス、体の筋肉から力を抜く方法、弛緩させる方法についても調べないといけないな」と思っているところです。

スポンサードリンク