こんにちは。もしくはこんばんは。

今日は雨が降っております。
今日試したのはウェーブ4#アドベンチャー#6──交信ポイント12です。昨日と同じですね。
では、体験したことを……。
そうですね、何から話せばよいのか。あまり気分が優れませんで、さらに微熱のある人のたわごとと思って読んでもらえると助かります。

あれは白い洋館でした。木造の洋館。白壁の、窓から緑萌える森の見える部屋の中です。
私は椅子に座ってくつろいでいます。
そうです。以前、赤い服を着た黒髪の女性と雑談をした場所です。

窓に揺れるカーテン

時に。

ガイダンスが

「ようこそ」

と告げたとき、私の目の前に現れた存在がありました。
それは一人の銀色の小人です。
大きな一対の黒い目を持つ、そしてどこかで見たことのある小さな銀色スーツの姿。

また赤い服の女性か、と思いましたが違いました。

現れたのは……。

グレイ

そうです。
グレイですね、リトル・グレイ。
この姿は誰がなんと言っても宇宙人、グレイに他なりません。
それを見た私は、感動や感慨など消し飛んでしまい「はぁ」という気の抜けた感想が一言。
なんだか拍子抜けしてしまって、そう思うと途端に像があやふやになり……。
グレイさんは白い洋館ごと崩れました。

後に残ったのは闇です。

丁重にお帰りいただく前に、グレイさんのほうから去っていただけました。
もしくは先に失望されてしまったのでしょうか。

疲れてるのかな、疲れてるのかもしれない。

それとも、彼が(一体でした)ガイドと呼ばれる存在だったのでしょうか。コンタクトを取ろうと努力すべきだったのでしょうか。今となってはわかりません。

拠点作り、としてのこのエクササイズの性格は「穏やかにくつろげる場所」として「森の中の洋館」が設定されたようです。ただ、お客さんがグレイだったことは予想外でしたが。

今度またお目にかかることがあれば、今度こそまともに対応してみようと思います。
そう考えると今回、貴重な機会を逸してしまったのかもしれませんね。とはいえ、人間意外なこと、予想外の斜め上を行くことに遭遇するととっさに対応できないものなのかもしれません。

面白い出会い? 出会ったとは思いますが、なぜにグレイ?
謎は深まりますが、ワクワク感も深まりました。そういった方向も今後はアリ、というわけなのでしょう。心の準備をしっかりといたしまして、次回からはエクササイズに挑もうかと思います。
スポンサードリンク