こんにちは。あるいはこんばんは。

今日はウェーブ4の最終エクササイズ、アドベンチャー#6──交信ポイント12を試したわけですが……。
寝ました。寝ましたね。
まず何をして良いのかわからなかった、というのが本音です。
初めに闇があった。

ではないのですが、闇でしたね。

闇

ガイダンスによってフォーカス12に導かれた後はいきなり無明の闇に放り出されてしまいます。延々と続くヘミシンク音。ブンブンブンブンブン……。
ええ、迷うことなく私は程なく眠りに落ちましたとも。

ええと、まずは小冊子を読みましょう。
うん、ここが今回の最大の失敗点ですね!

それによるとですね、今回は……。
他者(他の知的存在)とコミュニケーションをとるための自分の基地を(家を)このフォーカス12という意識レベル、場所に築く作業をするエクササイズだったようです。

いけませんね、小冊子を事前に読まずにCDだけ聴くのは。
自分の好きな世界観で他者とコンタクトの取れる場所を作ると良いみたいです。

コンピューターが好きならサーバールーム、喫茶店が良いなら喫茶店、緑に囲まれた公園のベンチなんてものも良いような気がします。

どれも自分の趣味丸出し、趣味全開で作って良いものだったようで。
そのためのあの長い沈黙時間だったわけですね……(ダメダナ)。

とにかく、創造で想像のエクササイズだったようです。
またチャレンジしますが、今度は寝落ちしないようにしないといけませんね。

どんなものを作ろうかと悩みますが、他者との交流、他者との交流……憩いの場となるような場所がよいのでしょうね。招く客が不快にならないような場所。そういった場所が好まれるのでしょう。

それと、小冊子の説明によると他の知的存在もそれぞれに交信ポイントを持っているようで、そこに遊びに行くこともできるようです。

私などはこうなってくるとMMORPGの家システムを思い出してしまうわけなのですが。似たり寄ったりなのでしょう。よりリアルよりならば行きつけの居酒屋、もしくは喫茶店といった辺りでしょうか。SFよりならばコンピューターやサイバースペース。まあ、もはやなんでもありかと思います。もしくは、人のことなんて気にしなくて、自分の好きなように過ごしやすく気持ちのいい休憩所を作るのもありなのかもしれません。

ともあれ、何か作ってみようと思います。
……今度は寝落ちしないことを祈り信じつつ。

スポンサードリンク