こんにちは。

今日はスレッショルド#4──色呼吸をやってみたいと思います。
今回もお勉強回です。不思議なことや出会いは特にありませんでした。


虹

色彩の波長も結局は波ですから、その共鳴を利用してエネルギーをもらっちゃおう、と言ったことが小冊子には書かれています。
過剰、または有害な感情を低下させる緑、肉体的な力、速度、調整力を増す赤、身体の状態を回復する紫がここでは扱われます。
私の体感ですが、この方法は「効果あり」だと感じています。実際、気が楽になったり痛みが引いたりしましたから(気のせいで片付けられてしまうとそれまでなんですけれどね;)。

感情面の重みを気にならないレベルまで減らそうと望むときは目を閉じて、息を大きく吸ってしばらく息を止め、心の中に緑色のエネルギーを思い描くのです。そしてゆっくりと息を吐きます。負担の元となっていた悪いエネルギーは緑色に包まれて足の裏から体の外へ出されます。

赤や青の場合もやり方は同じです。
力や速度が欲しい場合は赤を思い描きます。また、体の状態が悪いときは紫を思い描き、患部のほうへ心の視線を向けてやると良いそうです。

いざ集中力が欲しい場合など、赤は役に立ちそうですね。
ただ、緑や紫で良くならない場合はきちんとお医者様に行きましょう!
スポンサードリンク